髪質を悪化させる生活習慣

髪の毛と生活習慣

髪の毛の性質は生活習慣に依存する可能性があります。不規則な生活を送っている方は、一度生活習慣を見直してみる必要があります。ここでは、髪質を悪化させる生活習慣について紹介していきます。

 

【髪質を悪化させる生活習慣】

 

美髪を目指すためには身体の内部から健康を保つ必要があります。生活習慣において髪質を悪化させる要因として以下のものが挙げられます。

 

 

・ストレス
ストレスを感じると交感神経を強く刺激し、血行を悪くさせます。髪の毛は毛細血管から栄養素を受け取ることによって成長しているので、血行の悪化は髪質の悪化につながってしまいます。

 

大切なことはストレスを感じないことですが、現代社会においてはそれは難しいkとかもしれません。その場合は定期的にストレスを解消する機会を与えることが大切になります。

 

・食生活
栄養不足はもちろん髪の成長を阻害します。特に髪の毛は人間の生命活動において優先度の低い部位となっており、栄養素が少ないと髪の毛まで行きわたらなくなる可能性があります。きちんとした栄養摂取は美髪において基本的なことです。

 

・飲酒・喫煙
飲酒と喫煙は身体に悪いだけでなく、髪の毛にも悪い影響を及ぼします。特にタバコはストレスと同様に血行を悪くさせるので注意が必要です。

 

・睡眠不足
美しい肌を守るためにはきちんとした睡眠が必要なように、美しい髪作りにも睡眠は必要不可欠です。特に夜きちんとした時間に睡眠をとることが大切です。

 

 

【過度な心配も髪質を悪化させる?】

 

地肌の皮脂は汚れの原因となるため、きちんと洗う必要があります。しかし、過剰に洗いすぎると必要な皮脂まで除去してしまい、逆効果となる可能性があります。皮脂を過剰に流してしまうと、地肌が皮脂不足を認識し、過剰に皮脂を分泌するように脳が命令を出してしまいます。

 

あくまで必要量の皮脂はあるということを覚えておいた方が良いです。