マイナスイオンと髪の潤い

髪の毛とマイナスイオンの関係

髪の毛を美しくするためのワードとして、「マイナスイオン」という言葉を耳にすることが多いと思います。このマイナスイオンは髪の毛にどのような点でメリットを与えてくれるのでしょうか。ここではマイナスイオンについて簡単に説明していきます。

 

【髪の毛のパサつきの原因】

 

髪がパサついている状態は髪の毛の外側にあるキューティクルが損傷しているということにつながります。キューティクルはうろこ状となっており、摩擦や熱に弱くなっています。キューティクルが傷んでしまうとツヤが無くなり、髪の毛の内部から水分が奪われやすい状態となってしまうのです。

 

 

【キューティクルは損傷すると修復できない】

 

キューティクルは一度損傷すると修復することができません。トリートメントなどによる効果は補修をしているに過ぎず、根本的な解決にはなっていないのです。そのため、キューティクルを保護することはとても大切なことであると言えます。

 

 

【マイナスイオンドライヤーは何が良いのか?】

 

マイナスイオンは空気中の物質がマイナスに帯電し、微細な水分に付着したものを指します。キューティクルは静電気などによって傷みやすくなるため、マイナスイオンによって静電気を中和し、キューティクルの状態を保つ役割があります。

 

マイナスイオンドライヤーは髪の毛にマイナスイオンを吹き付けることによって髪の毛のまとまりを促進させます。髪の毛を落ち着かせ、指どおりの良い仕上がりにできるだけでなく、髪にツヤを出し、生き生きとした髪の毛を生み出すことができます。

 

髪の毛にとって水分はとても大切なものです。普段はキューティクルによって内部の水分は保たれていますが、これが損傷すると水分が外に出やすくなってしまします。こうした状況を防ぐためにはキューティクルの損傷を防ぐマイナスイオンの存在は欠かせないものとなります。